2015年3月25日水曜日

Mule CNC 2.0のソフト構成

今回はCNCのソフトウェアの構成を紹介しようと思います。MacOSX環境でCNC環境を構築している方は少数派だと思いますので、参考になれば幸いです。

1. ホストプログラム

TgFx

まさかのDiscontinued



MacからCNCにGコードを送信するソフトです。3DプリンタでいうとMakerWareやCuraに相当するソフトです(ツールパス生成はできませんが)

私はモーションコントローラにTinyGという基盤を使用しているので、それに対応したtgFXというソフトを使っています。ただし開発中のものなので挙動が怪しい時があります。切削中に急にCNCがフリーズすることがあるのですが、どうもtgFXでCNC をコントロールしている最中に、画面を切り替えて他のアプリを使用したりすると発生するようです…

他にもブラウザベースのChilipepperなどがあるのでそのうち試してみるかもしれません。

と思ってGitHubを確認したところtgFXの開発がDisconされていました。これから構築される方はChilipepperを検討することになりそうです。

2. TinyGのファーム

前述の通りTinyG を使用していますが、ファームウェアのバージョンをEDGE438.02 にして使用しています。現行のMASTER380.08 だとZ軸が異常な動きをすることがあります。どうもキャシュオーバーフロー系のバグがある模様。EDGE438.02では修正されていますが、安定版ではないので自己責任での使用になります。

3. CAM

ツールパスを生成するソフトです。3DプリンタだとSlic3r等が相当しますが、MakerWare等のようにホストプログラムに組み込まれている事も多いですね。

MeshCAM

MeshCAMでSTLデータをもとにツールパスを生成したところ

Macでは選択肢がなく、特に3D切削だとMeshCAMのβプログラムに申し込むのがほぼ唯一の選択肢です…※ そこそこ良いお値段がします。MeshCAMは3Dプリンタのスライサと同じように、STLデータからツールパスを生成してくれます。

他にはブラウザベースの2.5D CAMがいくつかあります。私はMakerCAMを補助的に使っていますが、データの入出力がSVG形式のため、CAD(MoI)とのデータのやり取りがボトルネックです。CADの吐き出すDXF形式からSVG形式に変換するソフトがいるのですが、良いのが見つけられていません。現在はMakerCAMのCAD機能で作図してパスを生成しています。そのため補助的な使い方になっています。

※Fusion360にCAM機能があるっぽいのですがMacで使えるんでしょうか? (25 Mar. 2015追記:Mac版もCAM機能あるようです。arm22さん情報ありがとうございました)

2 件のコメント:

  1. はじめまして、hkora11と申します。随分とご挨拶が申し送れてすみません。
    以前より、3Dプリンター関連で参考にさせていただいておりましたが、最近、切削装置モドキを入手し、CAM関連でも参考にさせていただいております。

    では、よしなに。

    返信削除
  2. こんにちは。ご丁寧にありがとうございます。
    多少なりとも参考にしていただければ嬉しい限りです。
    それでは楽しい切削ライフを。

    返信削除