2013年3月9日土曜日

ReplicatorのAccelarate(アクセラレート)機能はONになっていますか?

IMG 2461

左側がAccelerate機能OFFで印刷して失敗したもの。斜めに積層がずれている。ちなみに右側の失敗作はExtruderの吐出不良が原因。

Replicator2本体側の出荷時設定がMakerwareの標準プリント設定と合わない設定になっている場合があるようです。

印刷速度が45mm/s以上の場合、Replicator本体のAccelerate機能をONにしないと、上の写真の左側のような出力結果になってしまいます。ReplicatorGの標準印刷設定は45mm/sですが、Makerwareは80mm/s。Makerwareから出力すると印刷失敗になってしまいます。



Accelerate機能は、エクストルーダーの移動開始・終了時の加減速を緩やかにする機能です。この機能をOFFにして高速印刷をすると、エクストルーダーが急加速・急停止を行うことになり、プリンターが激しく振動したり印刷品質が劣化したりします。

Accelerate

Accelerate機能のON/OFFによるエクストルーダーの移動速度の違い(イメージ)

本体側の設定は、Info and Settings>General Settings>Accelerateで行う事ができます。

印刷速度の設定は、ReplicatorGであればGenerate G-Code画面のFeedrate(mm/s)、MakerwareであればMake画面のSpeed while Extrudingで設定できます。

Accelerate frontsetting

各ソフトの印刷速度設定画面

0 件のコメント:

コメントを投稿