2013年1月28日月曜日

3Dプリンターを買おう!(最終回) - なんとか修理完了と感想

修理部品が届き、試行錯誤の末になんとかReplicator2が動くようになりました。今回はその顛末と感想です。

Error

ヒーターエラー! 温度の読み取りが失敗したよ。僕の接続をチェックして! だってさ…



1. 修理

前回の記事で書いた通り、サポートに相談したところ熱電対(温度センサ)の故障だろうということで、代替品を送ってもらえる事になりました。試行錯誤はあった物の、新品のセンサーに交換する事で無事に温度を読み取るようになりました。

IMG 2471

故障した温度センサ

1営業日以内に回答することを売りにしているだけあって、Makerbotのサポート対応は迅速でした。サポートへの相談がクリスマス休暇時期でしたが、クリスマスの数日を除いて、営業日であれば夜にメールすれば翌朝には概ねメールで返信があった(時差でこちらの夜が向こうの朝です)のは安心感があります。

IMG 2445

プリントヘッドを取り外し、温度センサを交換。ちなみに写真は温度センサ先端部(手前の金色のナット)のねじ込みが不十分で再度エラーが出た。再分解して取り付け直すはめに。

一方で、もともとDIYキットの制作業者であったせいか、ユーザーにある程度のスキルを要求していることも感じました。故障診断ではプリンター底面の裏蓋を開けて、内部基板と温度センサの電線の接続をチェックするように指示されましたし、温度センサを交換するためにプリントヘッドを取り外し、基板に新しいセンサの電線を接続する作業も自分で行わなければなりませんでした。

IMG 2438

右上の緑色のコネクタがプリントヘッドの温度センサを接続するコネクタ。面白い事に4口あり、もう1ヘッド分差し込み口がある。取り外し方、取り付け方が分からずに苦労した。

2. 印刷不調とFirmware7.0へのアップデート

 温度を無事に読み取るようになったと思いきや、今度は印刷がうまくいきません。症状としては、1. 印刷する層がY軸方向にずれていく。2. レイヤー間がうまくくっつかず、隙間ができたり、ひどいときにはプラスチックの吐き出しが停止する、の2点です。といっても最初は1の症状が目立っていたため、2については1が原因と思っていました。

IMG 2461

アクセラレーション機能OFFで印刷したMR. JAWS。見事に斜めになっている。

サポートに相談してみたところ、1. アクセラレーションの設定はONになっているか? 2. X軸およびY軸のプーリーをしっかり締めること、などの指示が来ました。確認してみるとオプション設定中のアクセラレーションがOFFになっており、これをONにするとY軸方向のずれについては解決しました。高速印刷時にはアクセラレーション機能の設定は必須のようです。むしろ何故OFFになっていたのかが疑問ですが。

IMG 2467

印刷後、プラスチックの出力が止まってしまったパターン。写真では分かりにくいが毛玉のようなごみが一番上の層に付着している

2の症状についてはアクセラレーションONでも解消しなかったのですが、Firmwareを7.0にアップデートすることで劇的に改善しました。7.0のアップデートはアクセラレーション機能の改善(印刷時の動作改良による印刷精度向上と静音化)が含まれており、これによって印刷品質が改善したようです。とは言え、ウェブサイトで紹介されているサンプルのような品質には到達していません。まだまだサポートの助けと試行錯誤が必要です。

IMG 2472

Replicator2のFirmwareを7.0へアップデートする事で印刷できるようになった。ただし、よく見るとあちこち印刷が失敗している

3.  結局のところローエンド3Dプリンターってどうなの?

使い始めたばかりで気が早いとは思いますが、まだまだ黎明期だなというのが正直な感想です。これは技術的な面だけでなく、商品として考えた時にも言えます。

技術的な面について言えば、安定した品質の印刷結果を得るにはユーザーの習熟が必要です。こちら(英語)でハイエンド機を頻繁に使用しているJason Lopes氏のレビューが掲載されていますが、安定した品質で印刷できるようになるまで1週間かかったそうです。

商品として考えると、日本に正規代理店が無いのは問題です。サポートはアメリカのMakerbot社と直接英語でやり取りしなければなりませんし、故障交換部品の送付も国際小包で1週間はかかります。また故障部品の交換作業も自分でしなければならず、店頭に持ち込めたり、サポートスタッフが来てくれたりすることはありません。

というわけで、箱から出してスイッチを入れれば何も考えずとも印刷できる、というレベルに到達するには、まだしばらくの時間がかかりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿