2012年10月24日水曜日

3Dプリンターを買おう!(4) 3Dプリンターを選ぼう(後編)

 前回から続きます。

formlabs The Form1

Printer 1

先月突如発表され、各所で話題をさらった3Dプリンターです。他のプリンターが全てプラスチックを溶かして積層するFDM方式なのに対して、Form1は紫外線に反応して硬化する樹脂を使った光造形方式を採用しています。その解像度はなんと0.025mm! 出力サンプルの写真を見ても、その精細さは他のプリンターと隔絶しています。



 

 

 

 

 

 

 

使用する素材は独自開発の専用レジンですが、色はグレー一色のみ。強度や耐熱性などについてもまだ情報がありません。公式サイトによれば、将来は色、透明度、機械的特性について様々なものを展開して行く予定のようです。

一方で、他のプリンターと比較して見劣りする点もあります。まず、印刷サイズが12.5cm×12.5cm×16.5cmと、Replicatorの半分程度しかありません。また、硬化前のレジンはなるべく肌にかからないよう注意して取り扱う必要があり、印刷物はアルコールと水で洗浄してやる必要があるなど取り扱いがやや面倒な印象です(公式ビデオではビニール手袋をして作業しています)レジンの価格も1リットルあたり$149とFDM方式と比べるとかなり高いです(Makerbot直販のABSプラスチックは1Kgで$48)。

価格は米国以外が$2,999で来年の3月発売の予定です(Form1を開発したFormlabsはアメリカMITの学生によるベンチャーで、現在量産に向けた資金調達に成功したところです)ソフトウェアはForm Softwareで、先行してWindows版が、その後Mac版が出るとのこと。

3D Systems Cube

Cube

80年代に光造形方式の3Dプリンターを開発した歴史を持つ、3D Systemsの個人向け3Dプリンターです。解像度0.25mm、印刷サイズ14.0cm×14.0cm×14.0cmと目立たない性能ですが、カートリッジケース入りのプラスチックフィラメント、PCとのWifi接続機能などユニークな機能を持っています。

他社の3Dプリンターは多かれ少なかれエンジニアやデザイナーのような専門家をユーザーの中心として想定していますが、Cubeは完全にホビー向けとして売り込んでいるのも面白いところ。最初から25種類のモデルデータが付属するほか、ロボットや指輪などのおもちゃをデザインできるWebアプリが公式サイトで公開されています。さらに3Dモデルデータの作成にはCubify Inventというデザインソフトも販売しており、モデルデータの作成から印刷までのプロセス全体をCubifyブランドの製品ファミリーで提供しています。ソフトやデータを用意する煩わしさが少なく、手軽に遊ぶのであれば一番の選択肢になりそうです。

価格は$1,299、対応PCはWindowsのみです。使用する素材はTough Recyclable Plasticとのみ記載されていて詳細不明。PLAでしょうか? ※2012.10.25追記 ABS樹脂だそうです。ATM-Factoryさん、情報ありがとうございました。

Makerbot Replicator

Thereplicator photo small 1

Replicator2の前モデルで、現在安売り中です。手作り感溢れる木製の筐体が、今がデジタル・ファブリケーションの黎明期であることを実感させてくれます。Replicator2に比べると、Apple I とApple IIという趣きですね。性能的には解像度0.2mm、印刷サイズ 22.5cm×14.5cm×15cmと見劣りしますが、素材としてABS樹脂とPLA樹脂の両方が使えること、上位モデルは印刷ヘッドが二つあるため二色印刷または水溶性サポート剤の印刷ができる点でReplicator2より優れています。価格は1ヘッドのモデルが$1,749、2ヘッドモデルが$1,999です。

最後に、今回紹介した3Dプリンターの比較を表にして載せておきます。右端に業務用プリンタを比較用に載せていますが、解像度、印刷サイズともに個人向け3Dプリンターが遜色ないレベルを達成している事に驚きです。

H24.12.23追記:下の表をアップデートした物をこちらの記事に掲載しました。

 

Replicator2

Replicator

Up! Plus

Up! mini

Form1

Cube

Solidoodle 2G

RepRap Mendel

Mojo

プリント方式

FFF

FFF

FDM?

FDM?

光造形

Plastic Jet Printing

FFF

FFF

FDM

プリントヘッド数

1ヘッド

1ヘッド/2ヘッド

1ヘッド

1ヘッド

(1ヘッド相当)

1ヘッド

1ヘッド

1ヘッド

2ヘッド? (サポート)

印刷素材

PLA

ABS /PLA etc...

ABS/PLA

ABS+

独自開発レジン

ABS

ABS (PLA)

ABS, PLA, HDPEほか

ABSPlus

印刷精度

(積層解像度)

0.1mm

0.2mm

0.15mm

0.2mm

0.025mm

0.25mm

0.1mm

0.3mm

0.178mm

印刷可能サイズ

28.5cm x15.3cm x15.5 cm

22.5cm ×14.5cm ×15cm

14.0cm ×14.0cm ×13.5cm

12.0cm ×12.0cm ×12.0cm

12.5cm ×12.5cm ×16.5cm

14.0cm ×14.0cm ×14.0cm

15.2cm ×15.2cm ×15.2cm

20.0cm ×20.0cm ×14.0cm

12.7cm ×12.7cm ×12.7cm

同容積

6,759cm3

4,894cm3

2,646cm3

1,728cm3

2,578cm3

2,744cm3

3,512cm3

5,600cm3

2,048cm3

印刷速度

最大24時間

 

 

10-100 cm3 /h

 

 

 

毎分2mm積層

 

価格

$2,199

$1,749/$1,999

$1,499

$899

$2,999?

Kickstarterより

$1,299

Standard $449 /Pro $599 /Expert $699

€350(材料費のみ)

128万円

印刷データ生成ソフトウェア

MakerWare

ReplicatorG / MakerWare

UP! Software

UP! Software

Form Software

Cubify App

Cubify Invent

PronterfaceおよびSkeinforge

RepRap

?

対応OS

Windows(XP/7)

MacOS X(10.6+)

Ubuntu Linux(10.04+)

Windows

MacOS X

Linux

Windows

Mac

Windows (XP/Vista/7)

Mac

Windows XP, Vista, 7 Mac OS X v10

Windows(XP SP3/7)

Windows

MacOS X

Linux

Windows

Linux

Macは開発中

Windows 7/XP

電源

100―240V, ~2 amps,50―60 Hz

100-240V, 50/60Hz, 4.0A (input),

100-240V, 50-60Hz, 220W

100-240V, 50-60Hz, 220W

100-240V

1.5A 50/60Hz

60W

125v-250v各種電気コードあり

120v/240v

?

100V

メーカー

Makerbot Industry

Makerbot Industry

Delta Micro Factory Corp (PP3DP)

Delta Micro Factory Corp (PP3DP)

Formlabs

3D Systems

Solidoodle LLC

オープンソース

ストラタシス

リードタイム

4-6週間

7 日

3-5日

7 日

2013年3月出荷開始予定

2週間

8-10週間(予約中)

制作者による

?

photo credit: jabella via photopin cc

0 件のコメント:

コメントを投稿